【最新】ITエンジニア資格まとめ|難易度・取得順・年収UP!

ITエンジニア_情報処理技術者試験_年収・難易度まとめ_IT-SHARK
IT-SHARK

ITエンジニアが取得すべき、必要なおすすめ資格(情報処理技術者試験)全13種類について、難易度ランキング順・メリット(スキル・年収UP、転職・就活有利)・合格率・目安となる勉強時間についてまとめました。

資格取得の順番も複数パターンで紹介しているので参考にしてください!

  • ITエンジニアに必要な資格ってあるの?
  • 資格の難易度ランキング・勉強時間の目安を教えて欲しい!
  • どの順番で資格を取得すれば良いの?
この本をオススメする人
目次

ITエンジニア 資格 必要性

赤ちゃんサメ

ITエンジニアに資格って必要なの?

IT-SHARK

ITエンジニアという業種は一般的に資格が無くても実力・実績さえあれば問題ありません。
IT業界において、何が一番重要か・・・それは実績です!

・・・この記事は、これで終わり?と思われた方、安心してください!

資格取得に意味はちゃんとあります!無いと誰も受験しませんから!

自身のスキルUPは当然のこと、資格の難易度にもよりますが、実績+α要素として、企業に対するアピールポイントとなり、昇給・昇格試験、就職・転職活動においてライバルより有利な状態で挑むことができ、年収UPの見込みがあります!

実績作りが難しい状況にある人も、試験は公平に誰でも受験することができるので、挑戦していきましょう!

ITエンジニアにおすすめの資格

情報処理技術者一覧

ITエンジニアにおすすめする資格として、IPA(情報処理推進機構による、情報処理技術者試験(国家資格)をオススメします。

情報処理技術者に関する全13種類の試験が用意されており、受験者のレベルや目的に応じて、試験を選ぶことができ、IT未経験、初心者、中堅、ベテラン・・・誰でも自分にあった試験が見つかるはずです。

13種類もあると、どれを選べば良いか選ぶのは難しいと思いますので、この記事を参考に自分が取得したい試験を探しましょう!!!

IT-SHARK

この記事を参考に自分の受けたい試験が見つかりますように!

習得スキル

各試験を勉強し、取得することでどういったスキルが身に着くかをまとめました。

どの試験を選ぶかの前に、まず自分がどういったスキルを上げていきたいかを考えましょう!

自分が伸ばしたいスキルが一番効率良く、継続して勉強が続けることが可能です。

IT-SHARK

どうったスキルを伸ばしていきたいかによって選んでみましょう!

表:情報処理技術者試験 習得スキル一覧

試験名目的
ITストラテジスト試験IT戦略の立案・実行スキル習得
システム監査技術者試験ITシステム監査スキル習得
プロジェクトマネージャ試験プロジェクト遂行スキル習得
システムアーキテクト試験ITビジネス全般の高度スキル習得
ITサービスマネージャ試験専門スキル習得(システム管理)
データベーススペシャリスト試験専門スキル習得(データベース)
ネットワークスペシャリスト試験専門スキル習得(ネットワーク)
エンベデットシステムスペシャリスト試験専門スキル習得(IoT、組込系)
情報処理安全確保支援市試験専門スキル習得(セキュリティ)
応用情報技術者試験IT関連の応用スキル習得
基本情報技術者試験IT関連の基礎スキル習得
情報セキュリティマネジメントセキュリティ学習(入門)
ITパスポートIT知識習得(入門)

受験対象者

参考までに、それぞれの試験の受験対象者をまとめました。

自分の現状立場、スキルに応じて、どうった試験を選べば良いか考えてみましょう!

IT-SHARK

いきなり難しすぎる試験を選んでも、挫けて立ち直れなくならないように気を付けてね!

表:情報処理技術者 受験対象者一覧

試験名対象
ITストラテジスト試験IT戦略コンサル
システム監査技術者試験ITシステム監査役
プロジェクトマネージャ試験プロジェクトマネージャ
システムアーキテクト試験プロジェクトリーダー
ITサービスマネージャ試験中堅ITエンジニア以上 (システム管理系)
データベーススペシャリスト試験中堅ITエンジニア以上(データベース系()
ネットワークスペシャリスト試験中堅ITエンジニア以上(ネットワーク系)
エンベデットシステムスペシャリスト試験中堅ITエンジニア以上(IoT、組込系)
情報処理安全確保支援市試験中堅ITエンジニア以上
応用情報技術者試験中堅ITエンジニア
基本情報技術者試験若手ITエンジニア
情報セキュリティマネジメント学生、IT未経験
ITパスポート学生、IT未経験

難易度ランキング(偏差値・合格率)

ここまでで、ざっくりと各試験の概要が分かったかと思います。

実際に自分が受けてみたいと思った試験の難易度がどの程度のレベルなのか分かるようにまとめました。

また、偏差値や合格率をベースに難易度ランキングを作成しました。

勉強時間に関しては、個人差があまりにも大きすぎるため、これくらい掛かるのかなぁくらいに流し見してもらえればと。

現状スキルや得意分野などで変わってくるかと思いますので、ランキングはあくまで参考までに。

IT-SHARK

どの試験も本気で勉強をすれば実務経験が無くても合格はできると思いますので、自分の目標に向かって頑張りましょう!

表:情報処理技術者試験 難易度ランキング

順位資格名ランク偏差値合格率勉強
時間
1位ITストラテジスト試験S+7114%3~6ヶ月
2位システム監査技術者試験S7014%3~6ヶ月
3位プロジェクトマネージャ試験A++6913%3~6ヶ月
4位システムアーキテクト試験A+6812%3~6ヶ月
5位ITサービスマネージャ試験A+6814%3~6ヶ月
6位データベーススペシャリスト試験A6714%3~6ヶ月
7位ネットワークスペシャリスト試験A6715%3~6ヶ月
8位エンベデットシステムスペシャリスト試験A6717%3~6ヶ月
9位情報処理安全確保支援市試験A6719%3~6ヶ月
10位応用情報技術者試験B6520%200~500h
11位基本情報技術者試験C4925%100~200h
12位情報セキュリティマネジメントD4750%50~200h
13位ITパスポートE4550%20~100h

おすすめ資格取得順番

情報処理技術者_合格ロードマップ

【第0章】チュートリアル(SKIP連打)

突然ですが、あなたはゲームを買ったときにチュートリアルをやりますか?

私はやりません。チュートリアルをクリアしなくても実際にゲームを進めて行く中で自然に操作方法を覚えることができるからです。

それと同じで、情報処理技術者試験でもチュートリアルと同レベルである「ITパスポート」や「情報セキュリティマネジメント」といった試験が用意されています。

また、チュートリアルとして判断した理由は以下の通りです。

・就職活動や転職活動、昇格のアピールポイントとしては弱すぎる。
  (IT知識が十分にあると企業側には認めてもらえない)
 
・せっかく受験費用(参考書・試験料)を払って、学習したとしても自己満足で終わる

どうしてもチュートリアルをクリアしないと心配だという人は、過去問を軽くみてから判断してね!

IT-SHARK

これらの試験を合格することでIT・情報セキュリティ知識を習得することが出来ますが、取得しなくても、次のSTEPの必須スキルでは無いため迷わず飛ばしましょう!

【第1章】ゲームの世界を知ろう!|IT基礎スキル習得

STEP1_始まりの町_IT基礎スキル

基本情報技術者試験(FE)

IT未経験、初心者、若手の人は、ITエンジニアの登竜門的資格である、基本情報技術者試験(FE)を受験することをオススメします。

ソフトウェア開発だけでなく、情報セキュリティ、マネジメント、経営についても出題されるため、IT全般の基礎スキルを習得することができます。

初めて受験するにはもってこいの試験ですね。

また、一般的にIT企業からは、基本情報技術者試験は若手(3年目まで)が取得する資格という認識を持っていることが多いです。

企業に評価されるためにも、若手期間が終わっている人の中でIT経験がある人は、勉強は少し大変ですが、応用情報技術者試験を目指して頑張りましょう!

IT-SHARK

IT業界に興味がある・基礎知識を身に着けたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

【第2章】レベル上げしよう!|IT全般スキルUP

STEP2_レベル上げ_IT全般スキルUP

応用情報技術者試験(AP)

基本情報技術者試験に合格した人、IT経験・知識がある人は、スキルアップするために、応用情報技術者試験(AP)を取得することをオススメします。

名前の通り、基本情報技術者試験の難易度が上がった試験であり、より深く学習することで、より一層、IT全般スキルを1ランク上に上げることができます。

また、応用情報技術者試験を取得することで、高度試験の午前Ⅰ試験が免除可能です。

2年間は有効となるため、次のSTEPで情報技術者試験を受験する際に役立ちます!

IT-SHARK

IT全般スキルを1ランクUPしたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

【第3章】専門スキル習得|各分野TOP目指そう!

STEP3_スキル振り_専門スキル習得

応用情報技術者試験に合格した人は、各分野のエキスパートを目指しましょう!

どの分野もレベル4の難易度が高い試験であり、上級エンジニアとして認めてもらえます!

また、企業からの評価も高く、転職時や社内昇給においても有利に働くかと。

データベーススペシャリスト(DB)

データベーススペシャリスト試験では、企業の経営を支える膨大なビッグデータを管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築することで、ビジネスに最適に活用できるデータ分析環境を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

データベース系のスキルを本格的に学びたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

ネットワークスペシャリスト(NW)

ネットワークの最新技術からサービス動向まで幅広く知見を持ち、目的に合った、大規模かつセキュリティが高いネットワークシステムを構築かつ運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

ネットワーク系のスキルを本格的に学びたい・高めていきたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

エンベデットシステムスペシャリスト(ES)

スマート家電、自動運転といったあらゆるモノがつながるIoTが進展する中で、ハードウェアとソフトウェアを最適な形に組み合わせる、「組込みシステム」を構築し、求められる機能・性能・品質・セキュリティなどを実現する組込みエンジニアやIoT系エンジニアを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

組み込み系のスキルを本格的に学びたい・高めていきたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

ITサービスマネージャ(SM)

顧客ニーズをしっかりと把握し、日々の継続的改善を通じて「安全性」と「信頼性」の高いITサービスを提供し、IT関連の投資効果を最大に発揮させることができるITサービスマネージャを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

ネットニュース系のスキルを本格的に学びたい・高めていきたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

情報処理安全確保支援士(SC)

サイバーセキュリティリスクを分析・評価し、組織の事業、サービス及び情報システムの安全を確保するセキュリティエンジニアや、技術・管理の両面から有効な対策を助言・提案して経営層を支援するセキュリティコンサルタントを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

情報セキュリティ系のスキルを本格的に学びたい・高めていきたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

【最終章】ラスボス戦|高難易度資格を取得しよう!

最終章_ラスボスr1

【第1形態】システムアーキテクト(SA)

システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

プロジェクトリーダを目指す・上流工程の設計スキルを高めたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

【第2形態】プロジェクトマネージャ(PM)

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

プロジェクトマネージャーを目指す・管理能力を高めていきたい人は、資格取得を目指しましょう!!!

【最終形態】ITストラテジスト(ST)

経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す人にピッタリの資格です!

IT-SHARK

情報技術者試験の最高峰試験です。エンジニアTOPとなり、経営陣にIT活用を物怖じせず言えるように資格取得を目指しましょう!!!

【クリア後の世界】

クリア後_色んな分野に挑戦しよう!

ゲームクリアおめでとうございます!!!

ラスボスを倒したあなたは真の勇者です!

ここで満足して終わるのも良いですが、ゲームと同じで現実世界でも、やりこみ要素は残されています。

【第3章】で飛ばした専門スキルに挑戦、企業のシステム監査人を目指して、システム監査技術者(AU)に挑戦、大手や外資系企業では、募集要項にTOEICスコア何点以上 or 英検1級といったことも書かれてあったりするので、自分が目標とする将来像に近づけるように頑張ってください!

IT-SHARK

冒頭でも申し上げた通り、資格を取得することは素晴らしいことですが、一番大事なことは「実績」です。
資格に伴った、実績が作れるように一緒に頑張っていきましょう!

ゲームクリア
ITエンジニア_情報処理技術者試験_年収・難易度まとめ_IT-SHARK

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次