【独学(参考書・過去問) VS 資格学校 VS オンライン講座】基本情報技術者 勉強方法 比較

基本情報技術者試験_勉強方法_独学VS学校VSオンライン

基本情報技術者試験を勉強する方法として、以下の3種類があります。


①参考書や過去問を使った独学


②資格学校や通信学校に通って勉強


③オンライン講座による勉強


本記事では、それぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、自分に合った勉強方法を見つけて、合格を目指し、頑張ってください!!!

目次

独学(参考書・過去問)

独学で勉強するメリット(良い点)とデメリット(悪い点)を教えてください!

デメリット(悪い点)

勉強が続かない

机に座って勉強する必要があり、勉強するまでの気持ちのハードルが高いです。 


私自身も経験がありますが、スマホ、テレビの誘惑に負けて、勉強を気が向いたときにしか実施せず、勉強不足で試験に落ちたこともあります。


その対策として、毎日する時間を決めて習慣付けることをお勧めします!
例:早起きしての30分、昼休みの30分、夜寝る前に30分など…

どの参考書・過去問を選べば良いの?

参考書や過去問題集の種類がたくさんあり過ぎて、どれを選んだら良いのか分からない人が多くいるかと思います。


私自身も分からず、多くの種類の本を買って、自分に合っただけ勉強するという、お金と時間を無駄にした経験があります。


この記事を読んでいただいた方が、そんな思いをしないように、基本情報技術者試験の参考書・過去問題集のまとめ記事を作成しましたので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
基本情報技術者-参考書&過去問題集【受験者レベル別|おすすめランキング】 この記事は、基本情報技術者試験の参考書や過去問題集について、受験者のレベルに応じた、おすすめランキングです。どんな参考書や過去問題集を買えば良いのか悩んでる...

メリット(良い点)

資格学校や通信学校、オンライン講座と比較して一番のメリットは、お金が一番掛からないことです!

参考書と過去問題集を合わせて購入しても、5,000円程度ですので、他と比較して圧倒的に金額を抑えることができます。

怠けず継続的に勉強ができる人やお金を掛けずに合格したい人におすすめする勉強方法です!

資格学校

資格学校で勉強するメリット(良い点)とデメリット(悪い点)を教えてください!

デメリット(悪い点)

資格学校で勉強するデメリットは、お金と時間が一番掛かることです!

学校にもよりますが、10万円程度掛かるところもあります。

また、学校に通う必要がありますので、移動時間など時間も多く掛かったり、理解している範囲も、もう一度勉強する必要があったりと・・・時間が多く掛かってしまいます。

メリット(良い点)

資格に合格できるだけでなく、しっかりと知識を身に付けることができます。

分からないことがあったら、直ぐに講師に質問ができるといったメリットがあります。

基本情報技術者試験に特化した学校もありますので、さぼらずに通えば、ほぼ間違いなく、合格できるでしょう!!!

オンライン講座

オンライン講座で勉強するメリット(良い点)とデメリット(悪い点)を教えてください!

悪い点【デメリット】

唯一のデメリットは、独学(参考書・過去問)と比較すると、お金が掛かることです。

その代わり、他の勉強方法と比較して、勉強時間を大幅削減(半分以下)かつ合格率を大幅UP(2倍以上)できるよ!


何度も試験を受けなおして、限られた人生の時間を無駄に使わないようにオンライン講座を受講して最短かつ確実に合格することを、おすすめします!

良い点【メリット】

無料講座でお試し体験ができる

オンライン講座は、少しお金が掛かるため、どれを受講するか迷いますよね・・・

無料講座のお試し体験があるサイトもあるので、実際に受講する前に体験してみることをおすすめします!

参考書や過去問題集は、本屋で立ち読みする必要があったり、学校は体験すると逃げれないといった恐怖があるのに対して、オンライン講座は気軽に無料体験することができます!

無料オンライン講座 参考サイト

スキマ時間を使っていつでも勉強できる

オンライン講座は、勉強する場所を選ばず、いつでも・どこでも勉強することが可能です!

お持ちのスマートフォン、PC、タブレットで受講できるため、通勤・通学の時間、 出張など移動時間、昼休み、会議や打ち合わせの待ち時間、お風呂、就寝前後など、ちょっとしたスキマ時間をネットニュースを見る時間の代わりに、気軽に勉強できます。

どんなに忙しい方でも、スキマ時間を利用して、勉強を積み重ねて、確実に合格を目指せるのがオンライン講座のメリットです。

「STUDYING」では、検索機能があるのでので、確認したいキーワードを入力すれば知りたい情報に一瞬でアクセス可能です。他にもメモ機能で簡単にテキストに情報を追加して一元化できます。

専門用語も動画で分かり易く理解できる

参考書で読んでもイメージが難しい、基本情報技術者試験に出てくるIT専門用語も分かり易い図表を使ったスライドを用いて説明しており、動画でサクサク、分かりやすく楽しく学習を継続することができます。


「STUDYING」では、倍速版や音声講座版もあるので、復習の際に時間を節約して効率的に学べます。

最短合格を目指すことができる!【合理的カリキュラム】

合格するための最大のコツを特別に紹介します!

「問題練習をしながら実力をつけること」です!!!

「STUDYING」では、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるように「学習フロー機能」が組まれており、「今日は何を勉強したらいいのか?」という悩みで時間を無駄にすることがありません。

ゲーム感覚で問題が解ける【クイズ形式】

スマートフォン、タブレット、PCで、いつでもどこでも、ゲーム感覚で問題練習ができます。

基本情報技術者試験は、CBT方式のため、Web上で問題を解くのに慣れれば、落ち着いて本番の試験に臨むことができます!

「復習モード」で間違った問題だけ解くことを繰り返していけば、短期間ですべての問題に正解できるようになります。

コスパ最強!圧倒的おすすめ1位

資格学校や通信学校でもオンライン講座を開いているところは多くあります。

しかし・・・兼用しているのが原因か、お金が高いです。(3倍以上)

いくら素晴らしい講座であったとしても、それに見合う資格、購入できない金額であれば意味は、ありません。

私が調べて限り、ここまでの機能があるオンライン講座「STUDYING」では、圧倒的にコスパが最強なので、おすすめします!

まとめ

①お金を掛けずに時間を少し掛けても自力で合格したい人
→独学(参考書・過去問題集)

②お金と時間を多く掛けてでも、絶対に合格したい人
→資格学校・通信学校(TACなど)

③コスパ最強・楽しく気軽に勉強かつ確実に合格したい人
→オンライン講座(おすすめ:STUDYING)

基本情報技術者試験_勉強方法_独学VS学校VSオンライン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次