【最短合格】基本情報技術者試験 午前 過去問&解説(2-1)

この記事を書いた人
  • 年齢:30代前半
  • 職歴:組み込みエンジニア(3年)➡機械エンジニア(3年)➡SE(現在)
  • 主な保有資格
    • 基本情報技術者試験(FE)
    • 応用情報技術者試験(AP)
    • 一陸特/二海特/AI2種,1種/DD2種,1種/AI,DD総合種
目次

テクノロジ系-アルゴリズムとプログラミング(闇コウモリの森)

赤ちゃんサメ

も・・・森を抜けたと思ったら、また森なんだけどー!!!
なんか・・・バタバタ羽音うるさいなw
今日も倒してレベル上げるぞー!!!!!

スタック(Lv2 闇コウモリ)

【問題】A,B,C,Dの順に到着するデータに対して,一つのスタックだけを用いて出力可能なデータ列はどれか。

(ア)A,D,B,C

(イ)B,D,A,C

(ウ)C,B,D,A

(エ)D,C,A,B

IT-SHARK

【攻略ヒント】
スタック=後入れ先出し(LIFO)のデータ構造だよ!


【解説】

スタックは後入れ先出し(LIFO)のデータ構造で、PUSH命令とPOP命令によってデータを操作します。

“後入れ先出し”ですので、スタックに先に入れたデータは、後から入れたデータよりも先に出力することができません。

(ア)不正解×

PUSH(A) [A]
POP(A)  []
PUSH(B) [B]
PUSH(C) [BC]
PUSH(D) [BCD]
POP(D)  [BC]
POP(B)  NG

BはCより先にスタックに格納されたので、Cより先にBを出力することができません。

(イ)不正解×

PUSH(A) [A]
PUSH(B) [AB]
POP(B)  [A]
PUSH(C) [AC]
PUSH(D) [ACD]
POP(D)  [AC]
POP(A)  NG

AはCより先にスタックに格納されたので、Cより先にAを出力することができません。

(ウ)正解〇

PUSH(A) [A]
PUSH(B) [AB]
PUSH(C) [ABC]
POP(C)  [AB]
POP(B)  [A]
PUSH(D) [AD]
POP(D)   [A]
POP(A)   []

(エ)不正解×

PUSH(A) [A]
PUSH(B) [AB]
PUSH(C) [ABC]
PUSH(D) [ABCD]
POP(D)  [ABC]
POP(C)  [AB]
POP(A)  NG

AはBより先にスタックに格納されたので、Bより先にAを出力することができません。


答え:(ウ)


Java(Lv3 闇コウモリ)

【問題】JavaScriptの非同期通信の機能を使うことによって,動的なユーザインタフェースを画面遷移を伴わずに実現する技術はどれか。

(ア)Ajax

(イ)CSS

(ウ)RSS

(エ)SNS

IT-SHARK

【攻略ヒント】
答えが分からない場合、諦めずに知っているものがあれば消去法で正解確立を上げよう!1つで分かるのがあれば25%から33%に確立が上がるよ!


【解説】

(ア)正解〇

Webブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術の総称です。

(イ)不正解×

CSSは、HTMLやXMLの要素を、どのように修飾して表示させるかを定義する文書で、Webページのデザインを記述するために用いられます。

(ウ)不正解×

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称です。

(エ)不正解×

SNSは、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスです。


【答え】(ア)


ハッシュ関数(Lv2 闇コウモリ)

【問題】10進法で5桁のa1a2a3a4a5をハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5,13) とし,求めたハッシュ値に対応する位置の配列要素に格納する場合,54321は次の配列のどの位置に入るか。ここで,mod(x,13) は,xを13で割った余りとする。

(ア)1

(イ)2

(ウ)7

(エ)11

IT-SHARK

【攻略ヒント】
ハッシュ法が分からなくても、そのまま代入して計算してみよう!modは除算した余りを求めるよ!


【解説】

ハッシュ法とは、探索するデータのキー値からデータの格納アドレスを直接計算する方法で、この計算の際に使われる関数をハッシュ関数といいます。

問題文より、ハッシュ関数が mod(a1+a2+a3+a4+a5、13) なので、そのまま”54321″を代入します。

mod()は、第1引数を第2引数で割った余りを求めるので、

 mod(5+4+3+2+1,13)

= mod(15,13)

= 2


【答え】(イ)


スタック(Lv2 闇コウモリ)

【問題】次の二つのスタック操作を定義する。
PUSH n:スタックにデータ(整数値n)をプッシュする。
POP:スタックからデータをポップする。
空のスタックに対して、次の順序でスタック操作を行った結果はどれか。 
PUSH 1 → PUSH 5 → POP → PUSH 7 → PUSH 6 → PUSH 4 → POP → POP → PUSH 3

(ア)[1,7,3]

(イ)[3,4,6]

(ウ)[3,7,1]

(エ)[6,4,3]

IT-SHARK

【攻略ヒント】
スタック=後入れ先出し(LIFO)のデータ構造だよ!2問目だから解けるよね?がんばれー!


【解説】

コンピュータの世界で使われるデータ構造のひとつに「スタック」があります。

スタックは、最後に格納したデータから先に取り出す後入れ先出し(Last-in First-out:LIFO)の構造をもちます。

スタックでは、データを挿入するPUSH命令、データを取り出すPOP命令を使用してデータ操作を行います。
 

PUSH(1) [1]
PUSH(5) [1,5]
POP   [1]
PUSH(7) [1,7]
PUSH(6) [1,7,6]
PUSH(4) [1,7,6,4]
POP   [1,7,6]
POP   [1,7]
PUSH(3) [1,7,3]


【答え】(ア)


行列操作(Lv3 闇コウモリ)

【問題】待ち行列に対する操作を次のとおり定義する。
ENQ n:待ち行列にデータnを挿入する。
DEQ :待ち行列からデータを取り出す。
空の待ち行列に対し、ENQ1,ENQ2,ENQ3,DEQ,ENQ4,ENQ5,DEQ,ENQ6,DEQ,DEQの操作を行った。
次にDEQ操作を行ったとき、取り出されるデータはどれか。

(ア)1

(イ)2

(ウ)5

(エ)6

IT-SHARK

【攻略ヒント】
スタックの「後入れ後出し方式」と違って、待ち行列は、先入れ先出し方式ということに気を付けてね!


【解説】

待ち行列(キュー構造)は、先に入ったものから先に取り出す「先入れ先出し方式」のデータ構造です。

左を待ち行列の入口、右を出口として操作に伴う待ち行列の変化を追っておきます。


ENQ1 [1]
ENQ2 [2][1]
ENQ3 [3][2][1]
DEQ   [3][2]
ENQ4 [4][3][2]
ENQ5 [5][4][3][2]
DEQ   [5][4][3]
ENQ6 [6][5][4][3]
DEQ  [6][5][4]
DEQ  [6][5]

次に行われるDEQ操作=答え

DEQ  [6] →[5]


【答え】(ウ)

赤ちゃんサメ

【Lv5 → Lv6】
コウモリ・・・意外と強いぞ。
まだまだレベルUPしよう!


ゲームクリア

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次